1×4と端材を組み合わせて「TV台」を安上がりに作ってみました【DIY】

TV台 DIY

こんにちは。さくです。

安上がりに「TV台」をDIYで作ってた記録です。

以前使用していたTVを、TV台ではなく「デスク」に置いて鑑賞したりゲームなどに使用していました。

ただ、このデスクが少し高さがあって見にくいこともあったので、端材を使って「TV台」を作ることにしました。

例によって安価に作りたい。

今回は、以前床を畳からフローリングにした時の床の端材(フローリング材)をメインに使用します。

あとはスピーカーの台に使用していた1×4と2×4を、分解して再利用します。

結果的に、安価で満足なTV台ができたので満足です(*´∀`*)

現状の配置

現状は、デスクに「REGZA 40V30」を置いてあるだけ。

TVを観たり、Switchをつなげて遊んだり、PCモニターにもしていました。

これはこれで便利だけど、「IKEAの椅子」と合わせると位置が少し高く、観にくいと感じていました。

TV台

作成イメージとアイデアを考える

TV台アイデア
思いつきのラフスケッチ
  1. メインの床の端材が長さが中途半端な181.5cmだったので、半分の90.75cmという長さがメインの横幅になります。
  2. TVの横幅が90cmだったのでギリギリ入るかなだったけど、まぁOKだろうと。
  3. 高さは6feet182cm(既定サイズ)です。
  4. TVを置く板の床からの高さは、オットマンに足を組んで置いても画面と被らない60cm
  5. TV部分の高さは60cmで入りそう。
  6. TVの上は、古い5.1chのスピーカーを11cmで入れます。
  7. 残りが51cmなので、本が入る25cm26cmで分けます。
TV台イメージ

iPadのアプリのコンセプトで設計。(結構アバウト)

書き直しとかは便利だけど、常時表示には不向きでしょうか。

材料

  • 2×4・・・柱
  • 1×4・・・ケーブル置きと目隠し、板の支え
  • 3.5cm角材・・・板の支え
  • 床板・・・棚板
  • くぎ・・・1×4用と2×4用に長さを使い分け

いつもの「あると便利な工具」

・電動ドライバー

・丸のこ(コードレスの方がいいけど値段と相談)

HiKOKI(ハイコーキ)
¥9,100 (2024/07/14 10:15時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
HiKOKI(ハイコーキ)
¥22,800 (2023/07/24 20:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

・丸ノコガイド

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥2,012 (2022/01/18 21:09時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

定番のよく切れるノコギリ。頑張ればいけます。丸ノコ出すほどじゃないって時にあると便利。

ユーエム工業(Silky)
¥1,956 (2022/01/18 21:35時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

・やすり

エヌティー(NT)
¥946 (2022/01/18 21:10時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

・メジャー

髙儀(Takagi)
¥455 (2022/01/18 21:19時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

・木ネジ(ホームセンターの方が安い)

トラスコ中山(TRUSCO)
¥642 (2022/01/18 21:09時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

・ネジの下穴を開けるドリル(100均にもあります)

下穴ドリル

あとは、物差しと鉛筆くらいで作ることがました。

工具

電動工具はメーカーを統一しておいた方がバッテリーの融通がききます。

有名どころはHiKOKImakitaなど。

作成

設計ができたら、まずは木材にカット部分取り付け位置の線を引いていきます。

TV台

設計に自信が持てたら切っていきます。

TV台

ガイドを当てて、丸ノコで切っていきます。

TV台

線の上を切るか、線を残すかで1mmほど変わってくるのでどちらかに統一する。

切れたらささくれができるのでヤスリで角を取っていく。

TV台
TV台
TV台

ヤスリは外から内側にかける。

TV台

計画分は切れたかな。たまに長さを間違えて切っててショックを受けたりすることも。。

TV台

組み立てイメージ。

両側を組み立てて、床板を貼っていく予定。

TV台

さあ釘で固定していきます。まずは下穴を開ける。

TV台

対角線上に釘を打つ。

最低2本で、X型の5本が最高強度。

TV台

左右非対称だったり、歪んでいたりするとグラついてしまうので、ここは慎重に組み立てます。

ひとまず完成。

テストで配置してみる。

TV台

おお!いい感じ(*´∀`*)

4本の足で1mmほどの高さの誤差があったので、A4用紙を折って底に差し込んで調整するとグラつきがなくなる。

TV台

いいんじゃないでしょうか。

TV台

想定通り、足を組んでも画面と被らない♪

完成後の気づき

  • 床板ってそんなに強度がなくて、本を置いたらたわんでしまった。。補強するかどうしようかな。
  • TVの配置スペースで、「TV上部に床板の支え部分が当たってしまって奥に置けなかった」のが計算外。気になるならまた今度切ろうかな。

まとめ

構想、設計・・・5時間

線引き、カット、組み立て、片付け・・・5時間

およそ10時間くらいで作成することができました。

費用・・・これは端材が中心なのと、再利用材料があったので1×4(¥400)と2×4(¥600)の1本ずつのみ購入で¥1,000ほど。

手間はかかったけど、安価に納得の物ができたのと、家族の評判も良かった(*´∀`*)

これで別の部屋でデスクが使えるようになったので模様替えしよう。

それでは(*´꒳`*)

素敵なDIYライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました